病気Q&A


このコーナはみなさんからお寄せいただいたご質問より抜粋して

掲載させていただきました。

ご参考にしてください。また、ご質問をどしどし御寄せください。お待ちしています。

Q10:便秘について||Q9:腹痛について

Q8:ヨウレンキンとは?||Q7:手足が痛みます||Q6:足がパンパン

Q5:こむら返り| |Q4:発熱| |Q3:耳抜き| |Q2:発熱| |Q1:高血圧

 


Q10:便秘について 26歳の女性(主婦)

体のことでご相談があるのですが学生の頃から少し便秘気味でしたが2、3日に1回排便があったのでそんなに気にはしていなかったのですがここ半年ほど前から1週間ぐらい出ないとき急にお腹が痛くなって排便があったかと思えばみぞおちのあたりが急に痛くなり吐き気と手足の血色が悪くなりあぶらあせが出て具合が悪くなりトイレから出ることが出来ません。あと便が腸を通るときだと思うのですが左の下腹部が痛むのですが・・・・。病院に行った方が良いでしょうか?同じぐらいの年齢のときに私の父が腸ねん転と腸閉塞をしているので心配です。

慢性の弛緩性の便秘症ですね。最近は若い女性にとても多いですね。子供にも・・・・、

原因としては食生活の習慣なんかの変化、生活習慣の変化などで増えてきてると思います。スパゲッティーや麺類とかドリアとかの柔らかすぎるものばかり食べるようになり、野菜の煮物とかこんにゃくとかキノコとかの食物繊維が非常に少なくなってるでしょ?1週間ぐらい出ないときはそういう症状が出るのは当然だと思うよ。便秘が続き、腸管の内圧が上昇してきて、常にお腹が張る症状が出てきて、気持ち悪くなったり、食欲がなくなったりします。でも、体はこれではいかん!と、一生懸命に腸を緊張させて強い腸の運動をさせるから、強いお腹の痛みが出るんですよ。その後の吐き気なんかの症状は急激な腸管内圧の変化による迷走神経反射というものの、症状です。「あと便が腸を通るときだと思うのですが左の下腹部が痛むのですが・・・・」これも一生懸命に腸を緊張させて強い腸の運動をさせて便を出そうとする時の症状です。「同じぐらいの年齢のときに私の父が腸ねん転と腸閉塞をしているので心配です。」きっと、お父さんには何か原因があってそうなったんでしょう・・・。なにか炎症性の疾患があったんじゃないかと・・・。便秘で腸閉塞を引き起こす事はまれですから・・・。「病院に行った方が良いでしょうか?」まず、どのような食生活してます?好き嫌いはない?時間の不規則は?片寄りは?こんな事があるようなら改善しましょうね。それからなにか便秘解消のための努力をしてますか?運動を増やすとか、ヨーグルトとか食物繊維を増やすとか、朝に冷たい牛乳とか、一般的な事でもやってます?それでもだめなら、掛かり付けの内科の先生に相談して、便秘薬の使用とか食事、生活の指導をしていただきましょう。余談ですけど、にんにくと唐辛子のの組合わせは結構いいですよ、キムチなんかは・・・・。


Q9:腹痛について 27才、女性

腹痛に付いて聞きたいのですが・・・。なんとなく下っ腹が張るんです。ストレスのせいでしょうか?何ともない時は待ったくなんともないのですが、時々なんだか下っ腹が張ってきになっています。今夫が精神的落ち込んでいたりおばあちゃんがちょっと体調がおかしかったりして私も少し気分が良くないのですが、精神的な事でお腹が張ったような感じがする事もあるのでしょうか?

(下っ腹というよりも、ちょうど腰のでっぱった骨の内側のあたりです。)

A:便秘がちではないでしょうか? 逆に下痢気味ってことは?

お腹って奴は精神的な事で影響は非常に大きい所ですよ。 「神経性胃炎」なんて有名な病名でよく聞くでしょう。 ストレスによって引き起こさせられる病気の代表選手みたいなものだね。 そういう、精神的緊張やストレスでは、交感神経が優位で、大腸などの、 腸が緊張している状態がおおいです。 緊張しているといっても、舞台の上で上がってるというようなことでなく、 きゅっと、締まってるっていうような感じです。 それによって、腹部膨満感を引き起こさせるのはよく見られますよ。 緊張性便秘症が代表的ですね。 あと、過敏性大腸症候群というのがあります。 これはやはり、精神的緊張やストレスで、下痢、便秘、腹痛なんかを 引き起こしてしまう。形態的には問題ないが機能的にそういう状態を 引き起こしてしまうんです。 よく、会社がいやで会社に行くとお腹が痛くなって下痢してしまう。 だけど、休みだと、調子いい、なんて事よくあるんだよね。 これはたとえば、あかあさんに怒られてるこどもが「お腹痛い」っていって、 逃げるのってあるでしょ。 それとおんなじ理屈なんだよね。 だから、ストレスをとってやれば、心配ないやつだとは思うけど、 症状が長引くようなら、内科、特に消化器の先生に見てもらった方がいいね。


Q8:ヨウレンキンとは? 30歳、女性

私の職場の派遣社員(30歳、女性)についてなのですが、微熱が下がらないので医者にいったところ、「ヨウレンキン(溶連菌?)が腎臓に入っている」ということで即日入院させられ、点滴&抗生物質投与で3日間経過しており、おそらく今日退院しているのですがまだ連絡待ちの状態です。ヨウレンキンというのは感染する可能性もあるとか彼女が言っていましたが、具体的な知識を何も持たな いので、簡単に教えていただけるとありがたいのですが・・・

A:お話の内容から察するに、その女性はたぶん、腎盂腎炎を起こされたのだと思われます。この腎盂腎炎の感染経路は通常、逆行性と血行性との2つにわかれ、逆行性では、外性器?膀胱?尿管を経由して感染するもので、その原因菌のほとんどが、大腸菌です。溶連菌(溶血連鎖球菌)が同定されてるとすれば、咽頭なんかの感染から血行性に感染したものでしょう。伝染については溶血連鎖球菌の型(αとかβとか)によってもちがうんですが、通常は乳幼児なんかの感染症で成人はまず、大丈夫とおもいますが・・・・。感染症は受ける側の感受性によっても発症の有無が違います。通常の抵抗力をもってすれば、問題ないと思います。また、その女性も抗生物質の治療を受けてるのですから大丈夫だと思いますよ。


Q7:手足が痛みます 22才・女性

年に何度かの頻度で(最近はここ1ヶ月ほど続いている)手足が痛みます。表面の皮膚がピリピリして、筋肉のあたりの内部がズキズキと痛みます。主に、肩と太股の内側に症状が出ます。動けないわけでも、毎日なるわけでもないので、そのままにしておりましたが、痛みが続く為病院へ行く事も考えています。最近、急激に太りましたので、そのせいかな、とも思いますが・・・。22才・女性・148cm・42Kg・大きな病気は特に無し

A:診察した訳ではないので、はっきり確定的なことはいえませんが、筋肉や皮膚の炎症を引き起こさせる疾患をうたがっていいのでは・・・。多発性筋炎やその他の膠原病、動脈閉塞性の疾患などが考えられるでしょう。他に症状はないですか?微熱とか・・・。あと、連用して服用してるような薬はないでしょうか?薬の副作用であなたのような症状が出現する事もあります。いずれにしろ、最寄りの内科に受診して、血液検査を含む、診察を受けられた方がいいと思いますよ。


Q6:足がパンパン 28才、女性。

2週間前から、急に足の裏が腫れました。パンパンでカチカチで、しもやけにも似た感じです。でもかゆくはありません。ある朝、突然になっていました。特にかかと、つちふまずなのですが、最近は足の甲もむくんでいます。(足首まで)足が厚くなってしまいました。昼間は、ラクになるので直ったのかなと思っていると、夜中から腫れてくるようで朝起きるとまた、元どおりになっています。ちょうど2週間前、竹踏みをしたことしか特別思い当たりませんが、そのせいだとは考えられなし・・・。立つと、体重がかかるのでギュウっと痛いというか、きつい感じが辛いです。もともと、脚はむくみやすいのですが、こんなのは初めてで困っています。なにか、この症状に当てはまる病気が考えられますか?どうか教えて下さい。

A:いたそうですね。

診察したわけじゃないから、はっきりとはいいけれないけど、たぶん、静脈の一部が切れたか、血栓(血の固まり)が詰まったのでは・・・・・?外傷性のものだと思いますよ。ぶっつけたとか、竹踏みをしたのもそうかもしれませんね。病気的には血栓性静脈炎というのがありますが・・・・。歩行などの運動によって血流が増えるとむくんで、寝てると休まるということだから次第によくなってくると思いますが、日が経つに連れてひどくなるようでしたら、整形外科、または外科に受診してください。なるべく足をつかうことを止めて、寝る時は、座布団なんか入れて、足を高くしてみてください。


Q5:こむら返り

はじめまして。マリン関係でみました。ヨットをやっています46歳男性です。

早速なのですが、20代から寒くなると足がつったりします。特にディンギーでハイクアウト(舷から体を外側にだす)したりするとひどいときにはお腹までけいれんし、かなしばり状態です。25歳のとき肝臓で入院しましたが、その後は普通です。11年前長女が未熟児で生まれたとき血液検査を棒大学病院でうけましたが異常なく長女に輸血できました。ほかに持病としては胃潰瘍を2−3年おきに発病します。遺伝的には父が60代になってから糖尿を発病し現在78歳ですが、糖尿との関係はありますか?

 

A:こむら返りは筋肉のエネルギー代謝の中で乳酸が発生して蓄積すると起きる状態です。筋肉の疲労や冷えなんかで多くは起こります。慢性の肝障害の患者さんなんかにもみられます。糖尿病については全く関係を否定は出来ませんが、現段階では薄いでしょう。

 


Q4:発熱 匿名希望(メールアドレスは間違ってた為、返信出来ずここに掲載しました。)

1ヶ月ほど前から36.5から37.0くらいの微熱(平熱は36.4)があります 。最初は風邪だと診断されましたが、いっこうによくならず、ドラマの影響もあって 、白血病ではないかと心配して血液検査をうけたりしましたが、数値にはまったく 問題ありませんでした。 友人には「平熱だ。」といわれるのですが、やはり体が熱っぽくだるくてやる気がおきないし、心配でたまりません。医者は心配ないといっているのですが、微熱のある状況を放置してよいのでしょう か?また、何か病気の可能性はあるのでしょうか?教えてください。

A:性別と年齢を教えて頂けるとありがたいのですけど・・・・

というのも女性と男性ではちょっと違いますから。ご指摘の微熱ですけど、微熱とは37−38度をいいます。たぶん、”一つ屋根の下での「小雪」”とダブったんでしょうけど、血液検査でも以上がなければ、まず、心配ないですよ。女性の場合、生理の周期で高温相の時は37度を超える事は珍しくありません。「体が熱っぽくだるくてやる気がおきないし、心配でたまりません。」この症状も高温相のときで説明が付きます。まず、大丈夫ですよ。


Q3:耳抜き:愛知県春日井市 匿名希望

ダイビング関係にお強いということで、相談したいことがあります。耳抜きのことなのですが、うちの主人は左だけがとても抜けにくく、時には抜けないこともあるそうです。時々ダイビングの後に、3日位左側の耳の聞こえが悪いそうです。いつも、ダイビングに行くときは、耳鼻科に行ってエアーを通してもらってから、出かけています。私からみても、経験も3年になりますし、やり方の問題ではないようです。どこか悪いのでしょうか? 悪いとすれば、治りますか?また、何かいい方法があれば、おしえてください。(たいていのことは、試しています。)

 

A:慢性の副鼻腔炎、鼻炎、へん頭炎、咽頭炎なんかの炎症はないでしょうか?あと、あるとすればおうし管に空気が通りずらくなるからそんなような症状になるでしょう。あとはそれらの慢性の炎症がない場合でも、もともと左のおうし管が細い部分があったりして、空気が通過しずらかったりします。耳鼻科で空気を通気するのは有効ですけど、だからといって完璧ではないです。結構な圧をかけて通気する訳ですから、人間が自分でやる耳抜きとは大分違います。それから、耳抜きの時、マスクに少量の水が溜まってて(ノーズポケットのところ)耳抜きのとき、水を空気と一緒に中耳に送り込んでしまう。これが一番可能性高そうですね。だから、潜水後2−3日聞こえがおかしいんだと思います。水分が自然に蒸発して回復するっていう訳です。予防の方法としては耳抜きの前にマスククリアーをして、水を抜いてから耳抜きを行うようにして見てください。今までなんにんかのダイバーがこの問題をこれで解決してます。耳抜きも両方ぬけるのを自身でしっかり確認してからさらなる潜行するようにしてください。ダイビングの間隔はどのぐらいでしょう?今までの経験本数は?経験が少なかったり、間隔があいてたりすると通気しずらくなります。常日頃から耳抜きの練習をして狭くなって動きの悪いおうし管を広げトレーニングをして下さい。

ぼくの先輩の医師のことなんですが、彼も慢性副鼻腔炎で耳抜きがしずらいひとでした。潜る時には必ず、アレルギー性鼻炎用の点鼻薬をしてから潜ります。楽になるそうです。この薬はダイビングには影響しません。ぼくの医院の2階のショップのお客さんでやはり、耳抜きがしずらいひとや軽度の副鼻腔炎がある人にはこの薬を勧めてます。


Q2:発熱:19歳女性

先週から、約2,3日ぐらい38度の熱があり、そして、背中にも赤い10円だまぐらいの

しみがげきちゃいました。病院にいったのですが、まだ診察のけっかが出てこず、

とても不安です。お教え下さい。

A:病状の情報が少ないのでぼくにもはっきりとはわかりませんが、一般的には感染症だと思います。感染症というのはウイルスは細菌によって、体のどこかに炎症を引き起こす病気、代表的なのがインフルエンザなどのような風邪なんかそうですね。お薬を何か飲みましたか?だとすると薬のアレルギーなんかも考えられます。のどは痛くなかったですか?咳は?それから、あなたのお住まいの地方は何処でしょう?風土病なんかでもそんな症状がでることもあります。赤いしみは内出血のような感じであれば、血液の病気も考えられます。あれやこれやびょうきの事を考えてると混乱して余計に不安になりますよね.感染症だとしたら、(これの可能性が一番大きい)抗生物質などのお薬が効きますから心配ないですよ。病院の先生も多分出してると思います。しみの方はちょっとぐらい跡が残るかもしれませんが、多分消失します。若い女性としては気になるところでしょうけど、残る人は体質ですから・・・・

あなたの病院で原因の検査をしてると、思います。熱が引いてれば峠は越してるはずだから、心配しないでどーーんと結果をまち、あなたの主治医の先生の指示に従って下さい。


Q1:高血圧:53才女性

会社の検診で高血圧と言われたんですが、人に話しを聞くと高血圧の薬を一度飲むと一生飲まなきゃならないって言われたんで、なるべくだったら飲みたくないんですけど…

A:よく聞く話ですね。高血圧の程度にもよるんですが基本的にはそんなことありません。

高血圧の治療は薬だけじゃなくもっとも大切なのは食餌療法の減塩です。初期の人などは減塩がしっかりとできれば基本的に薬はいらなくなります。また、仕事となどでいらいらしなくなればいらなくなります。でも、みなさんの社会生活の中で塩を教科書どうりの5−7g/日はいきなりは難しい事です。また、仕事だって辞められませんよね。だから、その補助として薬がいる訳です。

もともと血圧は動脈硬化などで血管抵抗が高くなる事や体の中の循環する水分量が増加して起こるものです。まあ、老化現象のひとつです。体が若返れば薬もいらなくなるんですが。老化を止める事はできないですからね。高血圧を放置しておくと、脳卒中や心筋梗塞の原因となりますから、早くに減圧しておいた方がいいでしょうね。寝たきりになってからあの時ああしてればって思っても遅いですぞ!


ご意見、ご感想を御寄せください: E-Mail:umihito@ma3.justnet.ne.jp

|HPに戻る||What's New!||伊吹内科医院の紹介||町医者の独り言|

|町医者のプロフィール||私たちの町の流行している病気情報|

|町医者のお遊び||クリ太の大冒険||為になるリンク|